スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年01月16日

友達3人でハワイ旅行、でも飛行機の座席は全員バラバラに(汗)


hawai2.jpg



いつも仲良しの友達3人組でハワイ旅行することに。
旅行当日、成田空港で友達と待ち合わせし、
ツアーの案内に書かれている通り、
指定されたカウンターで手続きをして、
そこでハワイ行きの便の搭乗券を受け取りました。

座りたい座席とかリクエストを聞かれることもなく、
受け取った搭乗券にはすでに座席番号が記載されていて、
しかも3人並んで座れるのではなく、
全員バラバラの座席になってしまっていました。
ハワイまでの飛行機の機内で旅行ガイドブックを見ながら
現地に到着したら何しようか話し合おうと思ってたのですが、
これでは楽しさが半減してしまいます。
なぜバラバラの座席になってしまったのか疑問が残ります。

通常、飛行機は330日前から予約することができます。
まず最初に予約できるようになるのが正規航空券で、
割引等一切ない定価で販売される航空券です。
エコノミークラスで最もスペースがゆったりした
キャビンアテンダント(CA)の向いの座席は
正規航空券を購入した人に確保されるのが一般的です。

その後、航空会社が販売する正規割引航空券が売り出され、
旅慣れた人たちのグループで座席が埋まっていきます。
そして海外旅行のパックツアーに割り当てられ、
最安値ではないツアー客たちが並んで座りたいと
リクエストすることで座席が埋まっていきます。

飛行機に乗るのはツアー客だけではありません。
個人で旅行する人や海外留学する学生さんもいます。
このような個人客はだいたい窓側か通路側を選択します。
そうすると、どうしても真ん中の座席だけが空いてしまいます。
これが「ハンパ席」と呼ばれ、
格安パックツアー客に割り当てられることが多いのです。
旅行会社も「ハンパ席」という条件で格安で仕入れるので、
最初から座席を割り振られてしまい、
全員バラバラの座席になってしまうというわけです。

もし、友達同士並んで座りたい場合は
座席指定できるツアーを選択するようにしましょう。
posted by とらべる子♪ at 12:36 | 国内・海外旅行
スポンサードリンク