スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年01月16日

すでに満員なのに何故旅行サイトでは激安ツアーが宣伝されてるのか?


bookstore.jpg



数年前まで本屋に行くとエイビーロードなど、
ツアーや航空券の情報など満載の旅行雑誌が
平積みされていましたが、
インターネットでの検索が主流になるに連れ、
旅行雑誌は廃刊に追い込まれ、
ついに姿を消してしまいました。


近年は複数の旅行会社の情報を扱い、
料金が安い順に表示されるツアー・航空券の
比較サイトが主流になってきました。



toraberuko.jpg


トラベルコちゃんなどの比較サイトで検索すると
特に条件を設定しなかったら料金が安い順に表示されます。
そして、その内容を見て旅行会社に電話をかけてみると
「あいにくご希望の日は満員になっております。
少し追加料金をお支払いただくだけで、
もうワンランク高いツアーがあり、
ご希望の出発日でしたらすぐにご予約いただけます」
という感じで旅行会社の電話予約係に案内されるのが
当たり前の状態になっています。


旅行雑誌や新聞の折込チラシだったら、
問い合わせたら満席ですと言われても仕方ないのですが、
ネットなら満席になったら広告を削除できるはず。
満席なのにまだありますよみたいな広告表示なんて
何だか詐欺みたいです。
どうしてこのような表示が許されるのでしょうか?


旅行会社の立場で見ると
「客が電話をかけてきたらこっちの勝ち」
という考え方で広告を出しています。
客は海外旅行したいという意思が強いので、
少し説得するだけで申し込む確率が高いのです。


しかし、実際は満席なのに
「まだ予約できますよ」
と勘違いしてしまうような
詐欺まがいの広告表示には納得いきません。

このような広告が氾濫してしまう原因は
旅行会社が拡大解釈しているからです。


”ツアーの予約は前日まで可能であり、
直前にキャンセルが出るかもしれない。
その可能性がある限りまだまだ予約できる可能性あり
と表示しても全く問題ないはず。
もし、客がキャンセルすることになっても
出発日間近でかなりのキャンセル料が発生して
それだけでもかなりの儲けになる”

これが旅行会社の拡大解釈の内容と本音です。
納得できなくもない内容ですね。

激安ツアーはお得かもしれませんが、
その分、キャンセル料など規約が厳しくなっています。
失敗しないために、値段を見て飛びつかずに、
しっかり内容と規約を読んで納得した上で
予約するようにしてください。


posted by とらべる子♪ at 12:58 | 国内・海外旅行
スポンサードリンク