スポンサードリンク
スポンサードリンク

2014年01月16日

繁忙期のツアー料金は高過ぎ!旅行会社はボロ儲け?


airbus.jpg



日本には年に数回、大型連休がありますね。
4月下旬から5月上旬にかけてのゴールデンウィーク、
8月中旬のお盆、12月下旬〜1月上旬の年末年始など。

ニュースでも大型連休のはじめの日に
成田空港の出発ロビーの様子が映されてますね。
そしてインタビューに答える出発客。
何だかテンションが高く楽しそうな人ばかりですね。

このような時期に海外旅行を計画した人なら
わかると思うのですが、
1年の中でも最も高い料金が設定されています。
その料金を見た瞬間、諦めた人も多いはず。

「旅行会社はどこも似たような料金で、
 さそかしボロ儲けしているはず・・・」
と思ってしまうことでしょう。
実際に旅行会社はボロ儲けしてるのでしょうか?

実際のところ、旅行会社にとっては
トラブル等の対応に追われて忙しくなるだけで
ほとんど儲けには繋がっていません。
ホテルや航空会社にとっては儲け時かもしれませんが、
旅行会社はほとんど恩恵を受けないのです。

テレビのニュースでは
アベノミクスで株式市場が活性化し、
景気が回復していると言ってますが、
その恩恵を受けてる人は限られています。
ほとんどの人は生活がジリ貧になっています。

一部の成金を除き、
大半の日本人の財布の紐は固くなっていて、
旅行会社と提携している免税店などからの
客の売り上げに応じて受け取るキックバックも
以前と比べて激減してしまっているようです。

それでは旅行会社にとっては
何時が儲け時なのでしょうか?

最近ではハイシーズンではなく、
オフシーズンで儲ける旅行会社が多いようです。

オフシーズンに旅行する人というのは、
料金が割高になるハイシーズンを避けている人たちで、
それなりに詳しく旅慣れた人たちです。

このような人たちは格安ツアーの事情も知らずに
参加している人たちとは違うので、
よほどの事がない限り高値掴みしません。

逆によく情報収集しているだけあって、
納得した物には惜しまずお金を遣います。
オプショナルツアーなども
内容を把握した上で申し込んだりもします。
そのため、現地に支店を持つ大手旅行会社では
このような人のために現地発着ツアーを用意していたり、
ホテルのビュッフェ、ディナークルーズなど
お得なクーポンを用意していたりします。

旅行会社としてもこのような人たちが
満足できるようなツアーを作るのが腕の見せ所です。
また、お金をかけるべき部分にはお金をかけてくれるので、
旅行会社の儲けにも繋がるのです。

というわけで、本当にお得な海外ツアーは
オフシーズンに出回ります。
お得に楽しく海外旅行するためにも
オフシーズンの旅行を計画してみてはいかがでしょうか?


posted by とらべる子♪ at 13:03 | 国内・海外旅行
スポンサードリンク